基本的な施術の流れ

 

 基本的な施術の流れをご紹介します。

 

 

 なんとなくわかるような気もするけど、実際にはどのようにやっていくんだろうと不安に思う方は多いことと思います。

特に初めてエステをお受けになる場合、緊張と不安が交錯し落ちつかない思いをされるのは当然のことです。

 そこで、まずはその緊張を少しずつ和らげていくことから始めていきます。

 

 

 

 駅近くの書店やカフェ、コンビニ等でお待ち合わせをし、ご自宅やホテルへ。

 

 

 場合によっては部屋の照明を少し落とし、耳障りにならない程度に静かな音楽、或いはBGM代わりにTVを流して、緊張をほぐします。

 

 

 簡単なカウンセリングの中でご希望とNG事項をお伺いします(510分程度)。ご自分の今を見つめる時間に充てていただければと思います。

 

 

 お風呂(シャワーでも結構です。)にお入りいただき、ゆったりと気持ちを落ちつけると共に、お体を十分温めてください。

 その間に施術の準備をさせていただきます。

 (尚、ご希望の方にはご同伴して「バスタブ密着」もさせていただきます。気軽にお申しつけください

 

 

 お風呂上がり(シャワー後)は、そのまま何もつけずに横になられても構いませんが、初めての場合等恥ずかしさもあることと思います。

その場合、できるだけ浴衣やバスローブといった前を開けられるものをご着用ください。(下の下着を付けていただいても結構です。)

また軽く喉を潤していただくのもよろしいかと思います。

 

 

 一息ついたところで、優しいタッチのオイルトリートメントを始めます。

ベットに移り、うつ伏せになってください。

(着衣のままでも結構ですが、前を解いてください。浴衣、バスローブを広げ、背中にお掛けします。 )

 足から始めていきます。

アロマオイルを足の指から膝裏、太ももから臀部・背中まで丹念に塗り込んでいきます。

<オイルはホホバオイルを使用。無色無臭のベビーオイルとグレープ・フルーツタイプの2種類を持参します。ほんのり甘くほろ苦い柑橘系のみずみずしい香りをお楽しみください> 

 

 

 続いて、仰向けの体勢に。

足先から少しずつ上がっていき、太腿そして下腹部、さらに腹部をトリートメント。

その後、乳房周辺から中心にかけたっぷりとオイルを塗りこみ、包むように乳首を優しく刺激します。

少し腰を浮かせるくらいの方がより深い喜びに繋がりますので、お尻の下に枕を宛がう等しながら徐々に快へと誘います。

(下着をお付けいただいた場合、ショーツを流れの中でお脱ぎいただきますが、抵抗があれば無理に取る必要はありません。部位によってはTバック状態にしながら行っていきます。)

 

 

 続いて、性感エステへと入っていきます。施術者の指使いに気持ちを向けてください。

(尚、オイルトリートメントと性感エステは完全に独立したものではなく、一体的に行っていく場合が多いです。) 

   

 

 これ以降は、おひとりおひとりお客様のご希望や状況次第となります。

是非深いエクスタシーを得ていただきたいと思っていますが、何事も無理や焦りは禁物。

ゆっくりと時間をかけ、少しずつ喜びと快感を味わっていくのもを開花させていくのも一考ではないでしょうか。